スポンサーリンク

コンボルブルス・ブルーカーペット|近所の散歩で見かけた紫色の花

ブルーカーペット 紫色系の花

 近所の目黒川沿いを散歩していて見かけた紫色の花をiphone11で撮影しました。((2020年5月5日撮影)

 下の写真を見て下さい。

 インターネットの画像検索で調べると、「コンボルブルス・ブルーカーペット」と言う名の花のようです。

 「コンボルブルス・ブルーカーペット」のWikipediaは無いようでした。しかし、「コンボルブルス」は、和名では「セイヨウヒルガオ」と呼ばれているそうです。

 そこで「セイヨウヒルガオ」のWikipediaより一部抜粋すると、

セイヨウヒルガオ (Convolvulus arvensis) は、ヨーロッパに生息するヒルガオ科つる植物。園芸植物としては、コンボルブルス・アルベンシスという学名で呼ばれることもある。
【特徴】
多年草。0.5-2mくらいに成長する。葉はらせん状につき、糸状もしくは矢じり形で、長さは2-5cm。葉柄は1-3cm。花はトランペット状で、直径1-2.5cm、色は白またはパールピンクで、5つの少し濃いピンクの放射状の帯がある。
以下の二つの亜種がある。
C. a. var. arvensis(葉が広い)
C. a. var. linearifolius(葉が狭い)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%AA

とあります。

 「コンボルブルス」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

  「コンボルブルス」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

6月18日の誕生花 コンボルブルスの花言葉「絆」、青い花の絨毯ブルーカーペットの「楽しい思い出」 | 弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」 - 楽天ブログ
晩春から初秋にかけて、波打つように柔らかい茎を伸ばしてしだれ、漏斗形の淡いブルーの花が朝開いて、夕方に広げた花弁をきれいにたたんで閉じます。6月18日の誕生花は、サンシキヒルガオ(三色昼顔)の仲間、コンボルブルス。花の名(属名)は、ラテン語のconvolvere(巻きつく)で、つる性の品種があることから名づけられ、単に...
コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)とは?花言葉は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap
朝顔に似たラッパ型の花を日中に咲かせるコンボルブルス。つるを伸ばして生長するものや、低木タイプなど種類が豊富で、グランドカバーやロックガーデンなど様々なシーンで活用することができますよ。今回は、そんなコンボルブルスとはどんな植物なのかや、花言葉についてご紹介します。
花 コンボルブルス/6月18日の花と花言葉 コンボルブルス・魅る魅るガーデニング
初夏にアメリカンブルーをひと回り大きくした、アサガオによく似たピンクや薄いブルーのラッパ形の花を長期間咲かせるコンボルブルス。そのコンボルブルの花と花言葉の特徴や由来を解説しています。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の基本情報

写真
学名Convolvulus
ヒルガオ科
属名コンボルブルス属
英名Convolvulus
Ground morning glory
Blue carpet
原産地地中海沿岸・温帯~亜熱帯地域原産
開花期5~9月
花の色

ピンク

複色
別名ブルーカーペット
セイヨウヒルガオ
サンシキヒルガオ
花言葉きずな

失望
あきっぽい
楽しい思い出
依存

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました